【ご感想】白石温泉カレッジを卒業してひと言。

ご感想

一昨日でカレッジを卒業して…ひと言。
参加して、よかったーーー!
本当によかった!
なんちゃらの舞台から飛び降りる勢いで参加したけど(笑)
本当によかった!
こんなに変わるなんて*(^o^)/*

特にカレッジ最終回の一昨日は濃かったですね~☆
餃子屋さんで他人ごとのように聞いていた新さんの「自分のいいとこ自分で分からない」的なこと。ほんと、わかんないわー。なんだろ、そんなとこ、ぽんってすぐに気付けんっちゃ!なーんて思いながら、餃子とアジフライの美味しさに心奪われてたお昼。笑

そして始まった午後の授業。何かの話から私の才能が分かったー!わたしには当たり前すぎて分かんなかった!まさに、お昼の新さんの話だー!って感動しちゃった(*¨*)笑
けど、今まで罵倒されてたことだし恥ずかしいし認めにくいし、ほんとに、こんなこと?私にとって箸でごはんを食べるのと同じくらいのこと。ほんとに?こんなの他人に話して、んで?????とかならんの?とか、色々と葛藤が。それに、まだ名前を出して皆に言えない!
とか、色々、ほんと、色々なことを思ってました(´- ̯-`)
はまちゃんめっちゃ楽しそうに聞いてくれて感謝。そして新さんめっちゃ褒めてくれて嬉しかった~(^O^)綾美さんも共感してくれて、ほっ♡かすみんお宿で後々蔵出しできるように話してるとこ動画まで撮ってくれて、なんだかワクワク。
母から言われた「アバズレ」
今までずっと、心に刺さってた言葉。
わたしの才能だったなんて!
認めた時、声が出るほどの突然の背中の痛み!!!眉間の間に雷が落ちたように光った眩しさ!!!
どんだけ抑圧してたのか(笑)
言われてから気づきました(^_-)-☆
ほんとに、どうやって隠そうか…って隠してきたけど、隠しきれてなかったという笑

わたしのこの雰囲気?ずっと褒められる度にバカにされてるって思って不愉快だった!
卑屈になってた!
母の求める私じゃない!母から産まれた私はなんでこんなにポンコツなんだー!ってずっとあった落ちこぼれ感。
太宰治じゃないけど、人間失格、的な。
こんな私仕事しちゃだめだ、家庭に…いや、それもポンコツだからダメそうだ、ママ友とか役員とかポンコツがやってけるわけない、あぁ、生きてけないじゃないか!!!
とか、結構最近まで本気で悩んでた笑
そしたらね、新さんったらね、私にそれでいんだよ!そのままでいんだよ、とか言っちゃうの。は(´- ̯-`)?ってね(笑)
私の長所ですって!どんなに嫌われようが怒られようが、このままでいんですって!いや、このままじゃないといけないんですって!
それを聞いた時、すっごーーーい嬉しかった!!!
やっと認められた!なんか私すごいような気持ちになって、自分はこれでいんだって気づくことができました…

そしたら、そしたら!
週明けから仕事がスイスイ進んじゃってびっくーーり!
アイドル担当とか冗談言われちゃってチヤホヤしてもらって、難しい対応とかこわーいオバチャン対応とか、色々頼まれちゃって。しかも、私、できちゃって☆笑
それで褒められて苦手な仕事は頼まれなくって、私もルンルンだし前みたいに罪悪感もないし、褒められまくるし♡
なんだか自分を自分で認めることがほんとーーーにできたって、こういうことなのかな?って思っているところです(*¨*)
私がずーーっと隠してた(けどバレてた笑)ふわふわ抜けまくりのポンコツなわたし、これでいーんだ!これがいーんだ!って、カレッジに来て認めることが出来て、ほんっとーーーに楽チンになりましたー!!
ありがとーう!

認めると、びっくりするくらい、うまくいくんですね♡

Subscribe
Notify of
0 コメント
インラインフィードバック
コメントを見る
0
コメントをお願いしますx
()
x