男性はとても疲れやすく、折れやすい。

こんにちは!
ARATAです。

結婚は重荷!?男性側のイメージ

過去の僕は結婚について思考が凝り固まっていて、
男女問わず既婚者は愚痴を言っている人の方が多かったので、
とてもじゃないけど、いいイメージを持つのが難しい状態でした。

当時独身のひとりの男として、

結婚はどこか重荷を背負うようなイメージでした。

多くの男性にとって、
(ここではジェンダーによらず男性エネルギーの強さを男性として単純化します)
結婚に限らず、仕事や、家族の中での役割など、無意味な遊び以外のことは全て

「一生背負うべきもの」
「達成すべきもの」
「成功させなければならないもの」

というような固〜いイメージなんです。

それが「いい悪い」「正しい間違ってる」で計る事のできない、
生まれる前から厳然たる世界観として存在している感じです。

もしあなたがそんな世界観に囚われてしまったらどうでしょう?

絶対嫌ですよね(笑)。

なぜ男性は重荷を背負うのか?

でも世の男性で無意識にそういう価値観を受け入れている人は結構多いです。
学生のうちは違っても、社会に出るととたんにその感じが強くなります。

そしてそういう価値観がないと
「現状を打破して新しい世界を築こう!」とか
「自分より大切なもののために命がけで進もう!」とか
思えないのです。

「もっと小さい世界でつつましく生きたい」とか
「自分のことが世界で一番大事」とか言っている、
そんな男性、あなたは好きになりますか?

…なりませんよね(笑)。

そういう男性の気性があるから、
今の豊かな社会が築いてこれた面もあるのです
(もちろん欠点もありますが)。

ですので、男性はとても疲れやすく、折れやすい。

感覚値ですが女性(ここでもジェンダーを単純化します)の10倍以上は疲れやすいでしょう。

あなたが会社の仕事を10連勤でこなした後の疲れを、
男性は1日の終わりに感じてると思ってみてください。

ですので彼や旦那さんが多少ぐうたらしたり我がままを言ってても、
優しくねぎらって欲しいというのが僕たちの希望です(笑)。

多くの女性にとって恋愛や結婚や家庭はギフトであり、
幸せの象徴であり、
自分を花開かせてくれるものだと思います。

ギャップを理解することの重要性

男性と女性の間にある世界観って、
ものすごいギャップですよね(笑)。

この「ギャップがある」「全く違う世界を見ている」という理解が、両者の間に必要なのです。

男性が、気づかないうちにどれだけ多くの愛を既に注いでくれていたか、お気づきでしょうか。

女性側からの「ハッピーウェディングストーリー」を
もしまだお読み頂いていない方がいらっしゃったら、

こちらをご一読ください。

本日もお読み頂きありがとうございました。