【ご感想】父との向き合い

みなさん初めまして!
夏場所が開幕したその日、私も二度目のARATA場所を迎えました。おかげで翌日全身筋肉痛です。
セッション行って筋肉痛になる方なんていらっしゃるんだろうか。。。
今回も父がテーマでした。
私、口から生まれたのではないかと言われるほどよく話します。そして、人様に笑っていただくことには力を入れます。
が、しかし、肝心なことはノドが詰まったかのように言葉が出なくなります。言おうとすればするほど、ノドがキュッと締まります。
生まれてからこの方、父親にはいつもビクビクしてました。
年を重ねてきて上手くやってると思ってたけど、それは臭いものに蓋on蓋をするだけで根っこの部分は変わってなかったのです。
今回、顔色を伺いながらずっと生活してきたなぁということを認められました。
自分が合わせればイイやと思ってました。その方が波風立たないし楽だしって。
イヤなことには目を向けない、見なかったことにしてたし。
でも、そういう父に対して行ってるところが、人付き合いにも出て(特に男性)自分の感情を出すことができず、終わりになることばかり。
何考えてるか分からないって、よく言われてました。
今にして思えば、何を感じてるか分からないってことなんだろうなと。
私も分からなかったな、その時は。
相手の前に自分を信用してないから身を委ねられなかったんだなぁと。
ありがとう、そして、ごめんなさい元彼達よ。
そしておとんも。
まだまだ父に対しての感情は出てくるかもしれませんが、どんと来いです。(多分)
人様にシェアだなんて恥ずかしいわと思う一方で、どうしても表現したいわ!という自分もにょろっといたりして笑えてきました。youやっちゃいなよってことでシェアさせていただきました!
一つずつ出てくる感情に気付いて、味わっていこうと思ってます。何が出てくるのでしょ。楽しみです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です