デス未来日記ワーク

こんにちは!
ARATAです。
 
今日も、あなたの中の「内なる女神」を育む心の滋養をお届けします。
いよいよ引っ張ってきた「デス未来日記」ワークの解説です。
 
まず、「最悪の未来」「避けたい出来事」「見たくない自分」など「恐れ」の正体を具体的にノートに書いて行きます。
 
例えば
・自分の不注意で子供が交通事故で死んでしまう
・なんの気なく言った言葉で大好きな○○さんに嫌われる
・会社で上司に「無能!」と怒鳴られる
・会社をクビになってお金がなくなる
etc.
 
思いつくまま10個でも20個でも書いていってください。
 
書いていくうちに気づくはずです。
大抵の「恐れ」の正体は、現時点ではただの想像にすぎない、と。
 
そしてそれらの文章は、少し立って冷静に眺めてみるとなんの感情も湧かない。
 
そういう種類の「最悪の未来」は、もしそれが実際に起こりそうになったらどんな対策を取るか、現実的な対応を考えてその下に書き添えてください。
 
もちろん現実的な対応も、今の時点では想像です。
 
想像の出来事に想像の対応策を考えると、不思議なことに、未来を完了させていくことができるのです。
 
「起きて欲しくないと強く願う未来」=「リアルな未来」

「起きても具体的な対策がある未来」=「不確定な未来」
 
になるということです。
 
 
 
そしてここから先はネクストステップ。
「デス未来日記マニア編」は、ニュースレターにて配信しています。
 
↓「自分をとことん愛する方法」ニュースレター
https://www.reservestock.jp/subscribe/22414
 

↑ヒントはこれ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です