【ご感想】でも今は、自然と笑顔になってしまうのです。

ご感想
A woman in the open-air cafe

〜ikukoさんセッションの感想〜
10月に1回目のいくちゃんセッションを受け、母と叔母(母の妹)に対する完了していなかった思いを手放しました。セッションの感触はとても良好でした。

ココロカードも興味深かったです。

このセッション終了直後に、母と2年ぶりに会うように予定を組んでいました。

父と母は、25年ほどの別居期間を経て、最近ようやく離婚が成立しました。

母の新生活について話し合うため、私と上の弟の3人で会うことになったのです。

事前に、母には、私が作ったフィナンシャルプランシート(現在の資産、生活費の使途、今後の生活設計のシミュレーション、未来への不安と期待)への記入と、預金通帳や保険証券などを持参してもらうことをお願いしていました。

過去のある時点で時間が止まってしまった母。

頑固に、その時点から動かない母。

だから、シートも書き込んでこないだろうし、子どもに預金通帳など見せたがらないだろうな、と思っていました。

が、母はちゃんと記入&持参していました。

そのことにまず驚きました。おかげで、生活設計の話はサクサク進みました。

しかし、ちょっと油断すると、母の口からは、父や叔母(母の妹)への怨嗟の言葉が出てきてしまいます。

前の私なら、「そんなことは聞きたくない」「本人に直接言って」と激しく反応していたポイントです。

ですが、セッション終了直後の私は違いました。

心はザワザワします。

でも、「ああ、お母さんも完了していない思いがあるんだな。手放せるといいな」と思いながら聞けている自分もいたのです。

弟が言葉に詰まって涙ぐむ場面もありました。

弟の涙を見るのは、思い出せないくらい久しぶりのことです。

「ぼくたちも努力するから、お母さんにもなんとか変わってほしい。これから親子で穏やかに楽しい時間を共有していこうよ」という、弟の切なる思いを感じて、心を打たれました。

小さい弟に、久しぶりに出会ったようでした。

みっちり3時間の話し合い、久しぶりに会う緊張と、母の怨嗟の言葉にやられてしまい、私はヘトヘトに疲れてしまいました。

ここまでは、想像の範囲内でした。

その翌日、思いも寄らない展開になったのです。

弟から、「孫たちを母さんに会わせてやってほしい」と連絡がありました。

今回は、孫は会わせないと考えていたので、ためらいました。

が、心の奥から、「いや、会わせてみようよ。きっとだいじょうぶ」という声が聞こえてきました。

そこで、母と弟2人、私と3人の子どもたちと、お昼ごはんを食べながら会うことにしました。

翌日。6歳の長男と、1歳になった双子たちに会った母は、感激を隠しません。

ずっと笑顔です。

そして、「〇〇ちゃん、すごいわぁ。よく双子を育てているねぇ」と繰り返します。

お昼ごはんを食べたら帰るつもりだったのが、なんだか別れがたく、お茶までしました。

この日は、15時に来るシッターさんに双子を託し、私と長男は歯医者に行く予定でした。

私の頭にふとひらめいたのが、母をシッターさんに会わせたらどうだろう? というアイディア。

弟たちに話したら、ふたりとも即賛成してくれました。

いつも来てくれるシッターさんは、私の大好きな人。

私が母と絶縁していることも知っていて、折に触れて、「子どもといっしょに会いに行けばいいのに。わだかまりなんてすぐに消えますよ」と言ってくれていました。シッターさん自身も、似たような経験をしているのです。

末の弟にも来てもらって、5時間ほどを、私の自宅で過ごしてもらいました。

母に家を知られたくないという思いが今まではありましたが(なぜなら、連絡なく荷物をドカンと送りつけられるから!)、なぜかこのときは、「いや、そんなふうに怖がらなくていいんじゃない?」とはっきり感じたのでした。

私の生活を包み隠さず見てもらい、私が作った夕飯も食べてもらい、母はとても満足して帰りました。
翌日は、弟ふたりと一緒に、昔お世話になった人の家へ遊びに行き、昔に帰るような楽しい時間を過ごしたそうです。そして、笑顔笑顔で大分に帰っていきました。

母から手紙が来て、とにかくうれしかったと、感謝の言葉が書き連ねてありました。そして、わたしが子育てにがんばっていて、3人の子どもたちが素直ないい子に育っているとも……。

私からの返信も、以前のような、母の反応を警戒するような、先取りするような言葉は出てこず、今までかけたことのないような優しい言葉が自然とわき出てきました。

鬼門だった荷物についても、「今は、おすそ分けできる友だちも何人もいるし、なんなら、同じマンションの顔見知り程度の人にも、『よかったらどうぞ!』と言えるだけの度胸はついたから、あまり気にせず送ってください」と書くことができました。

母に送った手紙は、枚数が多かったせいか、封が開いてしまって届いていたそうです。「ああ、私はこんなにも母と話をしたかったのだ」と感じました。

39歳にして、ようやく思春期が終わったのだ、とも感じました。

それ以降、母とは、ふつうの母娘のように、手紙や電話でやりとりをしています。

母が、充実した生活を送っていることが、心からうれしいです。

不思議な気持ちです。

いくちゃんが言っていたように、変わったというより、前からこうだったというような心持ちです。

もうひとつおまけで気づいたことがあります。

人ごみを歩いているとき、以前の私は、周りの人にトゲトゲした気持ちを向けていました。人のアラを探して歩くウニみたいな感じです。顔も険しかったと思います。

でも今は、自然と笑顔になってしまうのです。

そして、いろんな人を見て、「ああ、あの人のここが素敵だな」「あの人、イライラしているのは、疲れているのかな?」というふうに感じるようになりました。

もちろん、周囲を押しのけるような人、不機嫌さを隠さない人を見ると、ムッと感じますが、まあ、それは自然な心の動きかな?(笑)

必要な現実がわたしの前に現れてくれると確信できたので、今は不安がだいぶ減りました。

毎日が楽しみです。

これからまた、どんな現実が立ち上ってくるのか……来月のセッションも楽しみにしています。

Subscribe
Notify of
0 コメント
インラインフィードバック
コメントを見る
0
コメントをお願いしますx
()
x