心の美しさは清いお参りから

お参りの大きな勘違い

神社仏閣にお参りするとき、
ほとんどの方は神様が「願い事を叶えてくれる」と思っています。

でももし自分が神様の立場だったらどうでしょうか?

わずかなお賽銭(=エネルギー)しか献上されずに、
大好きなお酒や音楽もほとんど楽しめず、
やたらめったら無理難題を押し付けられて(笑)、
パワースポットとか言われて神域を汚される。

そりゃあ拗ねて心を荒らしたり、
たまには守護をサボったりしたくなりますよね(笑)。

お参りする我々が、
どんなに外見を磨いて着飾っても
自分勝手に心が煤けていては意味がありません。

そして実際には、神様の愛によって、お参りをする前にすべての願い事は叶えられています。

そう思えない倍位は、私達がそれに気づかないか、違うことを考えてしまっているかのどちらかです。

お参りの際にすること3つ

お参りの際にすることは主に3つ。

1.報告
2.感謝
3.宣誓

だけです。

宣誓の印に、お賽銭やお神酒、歌の奏上などを奉納します。

もし何かお願いを付け足すのであれば、

「○○のために私の力をお使いください。その道にお導きください」

です。

ずいぶん一般のお参りの印象と違いますよね。

ぜひ実践してみてください。