イメージ通りの結婚を引き寄せる!ハッピーウェディングストーリー「結婚しよ。」

(ある意味)運命の出逢い

提供者:mentatdgt

ハッピーウェディングストーリー「結婚しよ。」 〜Day5〜

ありたい理想の自分の姿を書き出して、私はワクワクし始めました。

そうだ♪
こんな自分でいるときに
隣にいる人が、
これからのパートナーなんだろうな♪


2010年。

この一年は、今振り返っても
素敵な一年でした。


ずっとやぶりたかった殻をやぶって、新しく生まれ直したような、
清々しい一年でした。


それまで向き合いたくなかった
自分の中のマイナスの感情にも
たくさん向き合いました。

たくさん泣いて、
たくさん怒りました。


私は人よりも怒りが少ないんだろうと思っていたのですが、
押さえ込んでいただけでした。

溜まっていたものが
一気に流れ出しました。

しんどいときもあったけれど、

なぜかすべての出来事が、
私がもっと幸せに生きるための
後押しをしてくれているような、

優しく包まれているような
不思議な感じがありました。


必要なときにほしい言葉や人が助けてくれました。


Nさんとの出逢いも、
私を導いてくれた大切な出来事でした。


まだ私が失恋の痛手から立ち直れず、あまり人に会いたくなかったころ、
仲良しの友人Yが、パーティに誘ってくれました。


気分転換にいいんじゃないかと思ってくれたようでした。


あまり気乗りしないので、断ったのですが、Yは、
「あやみんは参加費無料でいいからさ!おいでよ♪」とまで言ってくれました。

そこまで言ってくれるなら(笑)
ということで参加したパーティ。

あまり人と話さず、
食べたり飲んだりしてたらいいかな…

そう思って、ビュッフェの列に並び、お皿に料理をもり始めました。


と、目の前に、
ニコニコしながらお皿の反対側から料理をもる男性がいました。

なぜかとても興味が湧いて、
その男性をながめてしまいました。


真冬なのに、
真っ黒に日焼けした肌。

180センチ以上はあろうかという身長。
ニコニコした表情に、
私は釘付けに…!

この人…
なんでこんな焼けてんだろ…??笑

「すごく…焼けてますよね??」

思わず、声をかけていました。

「あぁ、こんばんは。
タヒチに数週間行っててね。
成田からそのまま来たんだ。」

その男性は、部屋の隅のスーツケースを指差して言いました。

この方が、噂のNさん。
大切な出逢いでした。