依存の関係

ハッピーウェディングストーリー 〜Day3〜

別れてすぐの私は、


「今までありがとう☆
 私は大丈夫だから、どうか幸せになってね」


というお利口さんな自分と


「そっちが浮気したんだから。
 私は悪くない」

という怒りの自分と

いろいろな自分が交差していました。

新しい道に進むために、
まず私は友人のSくんに会いにいきました。

彼は、女性のためのコーチングスクールの運営をしていて、
いつも私に的確なアドバイスをくれる存在でした。

待ち合わせ場所の外苑前の大戸屋で、注文を済ませるなり、
私は彼に、彼のしていることを手伝わせてほしいと頼みました。

私は早く新しい道に進み、
元彼の残像を消したいと思っていました。

Sくんは、
しばらく私を見つめたあと、
こう言いました。

「うーん…
それは嬉しいけれど、
あやみんが本当に心から彼に感謝できなければ、
     ^^^^^^^^^^
一緒にやることはできないな」

唖然としました。
その次に出てきた自分の言葉に、
私自身、びっくり…


「感謝なんて…


 できるわけないでしょーーーー‼(号泣)」


大戸屋中の人の目線を感じながらも、とめどなく溢れる涙を、
私は止めることができませんでした。

Sくんは、優しくみつめながら、
こう尋ねました。


「あやみん、
 今、自分のこと、どのくらい好き?」


「30%くらい…」
 とっさに出てきた答えでした。


「うん。
 きっと彼もそうなんだと思うよ。


 お互いが30%しか自分のことを認めてなくて、
 残りの70%は、相手に埋めてもらおうとしてたんだよね」


私は泣きじゃくりながら、うなずきました。


「でもね、
 足りない部分は、自分でしか埋めることはできないんだ。
 だから、いつまでも足りない足りないと、求め続けたんだよね?」

図星でした。
さみしさがどんどん強まっていく関係。

いつまでたっても、埋まらない心の空洞。

「でもね…」
そのあとに続けられたSくんの言葉は、私をどん底から救いあげてくれるものでした。

「その70%を埋めてあげたいと
がんばってた彼の愛は、
そこにあったでしょ?」

また涙が溢れました。

今度は、悔しさや悲しさや怒りでなく、
深い気付きと感動と感謝の涙でした…

そうだ。
5年間の最後のときが真っ黒な思い出で終わってしまったけれど、

ずっと愛してくれていた彼が
そこにはいたんだ。

たった30分ほど前に、
怒りの感情全開でこの大戸屋に入った私が、

今は全身から感謝の想いが溢れていました。